偏頭痛と低気圧の関係性はゼロとはいえませんし、偏頭痛の原因が低気圧であるという人もいます。 しかし、偏頭痛に悩まされている人の全ての要因が低気圧というわけではありませんので、必ずしも100%関係性があるとも断言することができません。 低気圧が発達して接近すると、気圧が下がり、脳内の血管が縮小して血液の流れが悪くなり、低気圧が遠ざかると、血管がふくらんで流れが速くなります。 縮小していた血管がいきなりふくらんだり、低気圧が発達することで血管が縮小して偏頭痛が発生するともいわれていることから、関係性があるのではないか?と考えられているのです。 女性に多いとされる偏頭痛ですが、天気予報が悪かったり、低気圧が近づいている段階で偏頭痛が起こる人もいます。 この場合、低気圧が原因というわけではなく、天気予報が悪いから偏頭痛が起こるかもしれないと考えていることから偏頭痛が起こるのでしょう。 色々な要因が重なって起こる偏頭痛ですが、このように偏頭痛と低気圧の関係性はあながち否定できることでもなく、かといって100%断言できるというわけでもないのです。